[ 自動車・輸送機 ]

NAFTA再交渉 車関税撤廃、米側の条件飲めず−JAMAカナダ専務理事

(2017/10/25 05:00)

カナダに進出する日系自動車産業の業界団体であるJAMAカナダのデイビッド・ウァーツ専務理事(写真)は24日、日刊工業新聞社の取材に応じた。ウァーツ氏は現在、再交渉中の北米自由貿易協定(NAFTA)で米側が自動車の関税撤廃の条件として米国産部材の50%使用を求めていることに関し、「とても受け入れられない」と反対の意向を示した。その上で「既存のNAFTAは十分機能している」と発言。現状維持が望ましいとした。

ウァーツ氏は仮に米国産部材の50%使用が原産地規則に盛り込まれた場合、「関税撤廃で得られるコストメリットが消失する」と指摘。自動車メーカーはNAFTAを利用するよりも「米国が完成車に適用する2・5%の関税を払った方が得策だと考えるだろう」との見解を示した。

米国のトランプ大統領が、メキシコの反対でNAFTAの再交渉が決裂した場合、カナダと2国間の自由貿易協定(FTA)も選択肢としていることについては「2国間はありえない。3カ国が望ましい」と語った。理由として「メキシコにはカナダの自動車部品メーカーが60社以上進出している」と強調。「サプライチェーン(部品供給網)に影響が出る」と述べた。

(2017/10/25 05:00)

総合4のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる