[ 環境・エネルギー ]

「水素協議会」倍増27社 トヨタなど発足 GM・アウディ参加

(2017/10/25 05:00)

トヨタ自動車やホンダ、独ダイムラー、仏エア・リキードなどが1月に設立した「水素協議会」のメンバーが発足時の2倍以上となる27社まで拡大していることが分かった。主要会員には米ゼネラル・モーターズ(GM)や独アウディ、岩谷産業などが加わり、賛助会員には三井物産や米プラグ・パワーなどが名を連ねる。地球温暖化対策の国際ルール「パリ協定」を念頭に2018年から本格的に始める水素社会実現に向けた活動の準備を急ぐ。

水素協議会は自動車などの輸送機器メーカーやエネルギー大手の13社が、1月の世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)に合わせて発足。水素社会実現を推進する世界初の国際的な活動体で、共同議長はトヨタとエア・リキードが務める。各国政府などに水素の利用を働きかけ、5年間で100億ユーロ(約1兆3000億円)超の投資を計画する。

日本企業ではトヨタ、ホンダ、川崎重工業が発足メンバーで、岩谷産...

(残り:282文字/本文:682文字)

(2017/10/25 05:00)

PR

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる