[ 科学技術・大学 ]

早大とJAXA、3テラ電子ボルトの電子観測 ISS設置の望遠鏡で

(2017/11/6 05:00)

  • CALETにより10ギガ電子ボルトから3テラ電子ボルトの範囲で測定された全電子スペクトル(早稲田大学提供)

  • CALETの主検出であるカロリメータ部の装置概要。上から電荷測定器(CHD)、撮像型カロリメータ(IMC)、全吸収型カロリメータ(TASC)(早稲田大学提供)

早稲田大学理工学術院の鳥居祥二教授や宇宙航空研究開発機構(JAXA)の研究グループは、国際宇宙ステーション(ISS)に設置した望遠鏡を利用し、太陽系近くで起きた超新星爆発が原因の1テラ電子ボルト(テラは1兆)以上のエネルギーを持つ電子を、高精度で測定する手法を確立した。ISSの日本実験棟「きぼう」の船外に設置した宇宙線電子望遠鏡「CALET」で3テラ電子ボルトまでの電子を観測できた。

今後、観測エネルギーの範囲を20テラ電子ボルトまで広げ、ダークマター(暗黒物質)の正体の解明を目指す。

高エネルギーの宇宙線がどのようにエネルギーを得たのかは詳しく分かっておらず、宇宙物理学の未解決問題となっている。高エネルギーの宇宙線の中で重要なものの一つが電子だが、これまで1テラ電子ボルトを超えるエネルギーの電子を計測することは難しかった。 

成果は米科学誌フィジカル・レビュー・レターズ電子版に掲載された。

(2017/11/6 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

グリーンケミストリー

グリーンケミストリー

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン