[ 科学技術・大学 ]

血液がんの多発性骨髄腫、阪大が新免疫療法 たんぱく質構造を標的

(2017/11/7 05:00)

大阪大学大学院医学系研究科の保仙直毅准教授と熊ノ郷淳教授、同大蛋白質研究所の高木淳一教授らは6日、血液がんの一種の多発性骨髄腫のたんぱく質の構造を標的とするがん免疫療法「CAR―T細胞療法」を開発したと発表した。同細胞で常時活性化しているたんぱく質「インテグリンβ7」を標的にし、同細胞だけを特異的に攻撃。がん細胞への免疫反応を引き起こす。新たながん免疫療法として他のがんへの応用が期待できる。

リンパ球の一種であるT細胞に人工的に遺伝子を加えたCAR―T細胞は、標的と結びつくと強い細胞傷害活性と増殖力を発揮するため、高い抗腫瘍効果で最近注目される。がん細胞のみに現れる細胞表面抗原を標的とするが、骨髄腫細胞のみで働く遺伝子やたんぱく質が見つからず標的を絞り込めなかった。

研究グループは、骨髄腫細胞だけに結合し正常血液細胞に結合しない抗体を探索。MMG49という抗体を同定した。骨髄腫細胞で同抗体が結びつくたんぱく質がインテグリンβ7であることも確かめた。正常細胞にもインテグリンβ7は発現するがほぼ不活性型構造で、大半が骨髄腫細胞だけで現れる活性化型構造にのみMMG49が結合する。MMG49を認識し、活性化インテグリンβ7を標的とするCAR―T細胞を作製。マウスで正常細胞を傷つけず骨髄腫細胞を特異的に排除できた。

成果は米科学誌ネイチャー・メディシン電子版に掲載された。

(2017/11/7 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
スポーツバイクメカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! スポーツバイクメカニズムの基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいSCMの本 第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいSCMの本 第3版

よくわかるデザイン心理学
人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

よくわかるデザイン心理学 人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

攻略!「射出成形作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「射出成形作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる