[ エレクトロニクス ]

ラピスセミコン、IoT農業向け土壌センサー開発 酸性度など即時計測

(2017/11/14 05:00)

【京都】ローム子会社のラピスセミコンダクタ(横浜市港北区、岡田憲明社長、045・476・9212)は、田畑の土壌環境を監視する土壌センサーユニット「MJ1011=写真」を開発した。酸性度(pH)、電気伝導度(EC)、地中温度、含水率の4指標全てを即時に計測できる製品として業界初。計測データを農作物の品質管理や生産性向上に生かす。2018年4月から月500台で量産を始める予定。

IoT(モノのインターネット)技術を取り入れた農業向け環境監視システムなどに採用を見込む。消費税抜きのユニット価格は5万6300円。直接土の中に埋め込み、無線通信により計測データをクラウドサーバーに送信する。pH測定に、イオン感応性電界効果トランジスタ(ISFET)を採用。こうした半導体技術により、一つのチップに複数のセンサー機能を集積でき小型化した。

また消費電力を低減する「ローパワーマイコン技術」を取り入れ、太陽電池と組み合わせれば電力インフラが未整備の農地であっても十分な電源供給が可能となる。

IoTの農業向け環境監視の国内市場は、20年に300億円程度へ成長すると見込まれている。今後も同市場向けにセンサー、無線通信、ローパワーマイコンの技術を生かす。

(2017/11/14 05:00)

エレクトロニクスのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン