[ その他 ]

第30回中小企業優秀新技術・新製品賞 締め切り迫る

(2017/11/28 05:00)

【表彰】

▽一般部門=中小企業庁長官賞(1件、表彰状、盾、副賞100万円)/優秀賞(10件程度、表彰状、盾、副賞100万円)/優良賞(10件程度、表彰状、盾、副賞30万円)/奨励賞(10件程度、表彰状、盾、副賞10万円)

▽ソフトウエア部門=優秀賞(数件、表彰状、盾、副賞100万円)/優良賞(数件、表彰状、盾、副賞30万円)/奨励賞(数件、表彰状、盾、副賞10万円)

▽特別賞(併賞)=産学官連携特別賞(数件、表彰状、盾)/環境貢献特別賞(数件、表彰状)

【募集対象】(1)一般部門は2016―17年までの2年間の対象期間中に開発を完了または販売開始した新技術・新製品(2)ソフトウエア部門はビジネスを目的として対象期間中に提供または販売開始したソフトウエア(ゲームも対象とするがコンテンツのみに依存し、技術や機能に新規性のないものは除く)(3)両部門とも共同開発や共同研究の成果を含むが、開発主体が外国企業の場合は除く

【応募資格】(1)中小企業(資本金3億円以下または従業員300人以下)=大企業の出資が50%以上の企業、大企業の連結子会社、上場企業、外国企業およびそれらの実質グループ企業は除く(2)個人事業主、異業種交流等のグループや組合

※両部門とも応募資格は応募時だけでなく受賞(贈賞式を含む)時にも適用

【審査】学識経験者らで構成する審査委員会(新井民夫委員長=東京大学名誉教授)、各分野の専門家による専門審査委員会

【締め切り】12月8日(午後5時必着)

【発表と贈賞式】2018年4月上旬をめどに発表し、応募者全員に結果を通知。贈賞式は4月に予定

【問い合わせ・応募書類送付】

▽りそな中小企業振興財団(03・3444・9541、www.resona-fdn.or.jp/)

▽日刊工業産業研究所(03・5644・7112、biz.nikkan.co.jp/sanken/)

主催 りそな中小企業振興財団 日刊工業新聞社

後援 経済産業省中小企業庁

(2017/11/28 05:00)

関連リンク

中小企業・地域経済2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる