[ 自動車・輸送機 ]

ヤマハ発、新型電動バイク 数年内に投入 4輪は計画に遅れ

(2017/12/26 05:00)

【浜松】ヤマハ発動機は25日、グローバルモデルと位置付ける電動バイクを数年内にも投入する方針を明らかにした。一方、2020年までの事業化を目指していた4輪車事業は計画より遅れる見通し。

柳弘之社長と18年1月に社長に就任する日髙祥博取締役上席執行役員が同日、静岡県磐田市の本社で会見し、表明した。

開発中の電動バイクはアジアや欧州で人気の排気量100―125cc相当がベースとみられる。具体的な投入時期や地域は検討中とするが、世界的な電動化の流れを受け「数年内には投入したい」(柳社長)とした。

同社の電動バイクは同50ccクラスの「Eビーノ」を日本と台湾で販売するが航続距離に課題。新モデルは「技術的にも進化させ」(日髙取締役)アジアや欧州へ広く展開する計画。一方、4輪車開発はフレームの検証などが遅れており20年までの事業化計画は「現実的ではない」(同)とした。

(2017/12/26 05:00)

総合3のニュース一覧

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる