[ 政治・経済 ]

【電子版】2040年、単身世帯1994万人 全体の4割占める-厚労省

(2018/1/15 05:00)

  • 2040年には、一度も結婚したことのない65歳以上が男女ともに急増する

未婚の高齢者、2.7倍の473万人

 2040年に単身世帯が1994万人に上り、一般世帯全体の4割近くを占める見通しであることが12日、厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所がまとめた世帯数の全国推計で分かった。一度も結婚したことのない65歳以上が男女ともに急増し、単身世帯に占める65歳以上は896万人で45%に達する見込み。

 同研究所の担当者は「少子化で2世代同居や3世代同居の家族形態が減る中、1980年代以降に未婚が珍しくなくなった世代が高齢期に入るため、高齢者の独居率が高まる」とみている。

 世帯数の推計は5年ごとに実施。施設入所などを除いた一般世帯について、15年の国勢調査を基に40年までの25年間の推移を予測した。

 世帯総数は人口減少局面にあっても、15年の5333万世帯から23年の5419万世帯まで増加。その後減少に転じ、40年に5076万世帯になる。世帯の小規模化が進むためで、この間の世帯平均は2.33人から2.08人に減る。

 類型別で、「単身」は15年から153万人増え、割合は34.5%から39.3%に高まる。「夫婦のみ」は20.2%から21.1%、「一人親と子」が8・9%から9・7%となる一方、1980年に4割を超えていた「夫婦と子」は26.9%から23.3%まで低下する。

 未婚率は、50歳未満で目立った上昇は見られないが、65歳以上だと男性で5・9%から14.9%、女性で4・5%から9・9%へ大幅に上昇。未婚の高齢者は男女で約2・7倍の473万人に上る。(時事)

(2018/1/15 05:00)

おすすめコンテンツ

クリーンルームにおける静電気対策

クリーンルームにおける静電気対策

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策
原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策 原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる