[ 政治・経済 ]

国産野菜使用で半額補助 農水省、外食・生産者を支援

(2018/1/31 05:00)

  • 外食大手で国産品使用をPRする企業は増えている

農林水産省は、国産の野菜や魚を使う外食企業と生産者の取り組みを支援する。外食企業が国産品を使用した新商品の市場調査や商品開発、それらを加工・製造する工場や機械設備などについて、定額か費用の2分の1を補助する。外食企業以外に、ポテトサラダなどの中食会社やポテトチップスメーカーなどの取り組みも支援の対象とする。

農水省は、国産品で新たな商品やメニューを開発する企業に名乗りを上げてもらい、青果物や茶、牛肉、牛乳、水産物など部門ごとに申請内容と、生産者との複数年契約締結などの状況を審査。3月末までに対象企業を決め、選ばれた企業が産地の農家や農業協同組合などと契約を結ぶ段取り。

国産品を使用した新商品の試食会費用なども支援対象に含める。訪日外国人や海外消費者に向けた情報発信も対象とする。

国産品使用では供給時期が限られるため、長い間、供給するための冷凍や乾燥、氷温技術、フィルムの遮光性なども重要。こうした技術開発の取り組みも支援する。

国産品を使うと、消費者の食品安全志向にアピールでき、高い付加価値を押し出せるため、価格にも上乗せしやすい。そのため国産品を使う外食企業が増えている。支援策でこれを一段と後押しする。

国産品を使う動きは特に大手外食で進んでいる。モスフードサービスやリンガーハット、日本KFCホールディングスなどが主力商品の国産品使用をアピール。売り上げも伸ばしている。

(2018/1/31 05:00)

政治・経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいアルゴリズムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいアルゴリズムの本

機械設計者の基礎技術力向上 
図解力を鍛えるロジカルシンキング
~「空間認識力モチアゲ2 演習編」~

機械設計者の基礎技術力向上 図解力を鍛えるロジカルシンキング ~「空間認識力モチアゲ2 演習編」~

わかる!使える!鋳造入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!鋳造入門 <基礎知識><段取り><実作業>

原子力年鑑2019

原子力年鑑2019

わかる!使える!TPM入門
<基礎知識><段取り><実践活動>

わかる!使える!TPM入門 <基礎知識><段取り><実践活動>

技術大全シリーズ 
切削加工大全

技術大全シリーズ 切削加工大全

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン