[ 機械 ]

エレベーターを遠隔検査 フジテック、モーター常時監視システム開発

(2018/2/16 05:00)

フジテックは、IoT(モノのインターネット)技術を活用し、エレベーターのモーター検査データを遠隔地で常時監視できるシステムを開発した。異常原因を早期発見できる。突発的な不具合対応を減らせ、保守サービスの効率化にもつながる。2月中に運用を始める。これまでエレベーターは、運転遠隔監視システムや日常点検などでIoT技術を取り入れてきたが、異常対応などにも採用が広がってきた。

エレベーターの運転中にモーターに振動があったり、自動診断機能で電圧異常が検知されたりした場合、原因特定のため「メモリハイコーダ」と呼ぶ装置を使用する。従来、現場にメモリハイコーダを設置して数週間から数カ月にわたりデータを収集し、その後、蓄積データをまとめて分析していた。

ただこの手法では結果を得るまでに時間がかかる。その間に不具合が深刻化するリスクや、突発的な不具合対応でフィールドエンジニアの負担が重くなる課題があった。...

(残り:250文字/本文:650文字)

(2018/2/16 05:00)

PR

機械のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術大全シリーズ 
ドライプロセス表面処理大全

技術大全シリーズ ドライプロセス表面処理大全

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゲノム編集の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゲノム編集の本

おもしろサイエンス 
地形の科学

おもしろサイエンス 地形の科学

太陽光発電のスマート基幹電源化
IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

太陽光発電のスマート基幹電源化 IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

SDGs経営
“社会課題解決”が企業を成長させる

SDGs経営 “社会課題解決”が企業を成長させる

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン