[ オピニオン ]

産業春秋/町工場三代目の挑戦

(2018/2/16 05:00)

経営が順調で技術力を持ちながら、後継者の不在で廃業する中小企業が急増している。由紀精密(神奈川県茅ケ崎市)社長の大坪正人さんは、そうした事業承継問題に一石を投じる試みを始めた。

受け皿会社の由紀ホールディングス(東京都中央区)を設立。第1弾として、電線加工や超硬合金製造など7社の中小製造業を傘下に持つVTCマニュファクチャリング・ホールディングス(同)に70%出資した。

「我々は再生ファンドではない。買収した企業は支配せず、各社の良さを伸ばす」と大坪さん。出資はするが、ブランドや社名は残し、新分野の開拓や生産性向上、海外事業展開などを後押しする。

東京大学大学院を修了後、金型製造ベンチャーのインクスで、製造技術や金型企業に出資するファンドづくりに関わった。その後、祖父が創業した由紀精密に入り、航空宇宙分野に進出して経営を立て直した。この経験と実績が背中を押した。

「グループの理念を共有して互いに発展し、日本を代表するモノづくりの企業グループにしたい」と決意する。今後は年間1―2社の割合で買収し、2021年に売上高100億円超とするのが目標だ。町工場の三代目の挑戦にエールを送りたい。

(2018/2/16 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

原子力年鑑2021

原子力年鑑2021

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる