[ ロボット ]

大阪・八尾で“武将ロボ合戦” パワー・機動力・攻撃力競う(動画あり)

(2018/2/28 05:00)

  • 合戦を制した「えだまめ君」

パワーか機動力か、それとも攻撃力か―。ロボットを「武将」、100個の箱を「兵士」に見立てて互いの城を攻める“合戦”が大阪府八尾市内の商業施設で開かれた。異業種交流グループのマテック八尾(大阪府八尾市)が主催する「八尾ロボットフェア2018」。10回の節目を迎えた今大会には企業や専門学校・大学、個人など合わせて過去最多の12チームが参戦した。(東大阪支局長・坂田弓子、東大阪・村上授)

【多彩な顔ぶれ】

6メートル四方を1本の対角線で区切り、武将ロボットはこの線を越えて相手陣地には入れないのがルール。角地に設定した相手側の城内へ3分以内に箱を押し込むか、より近くに送り込めた方が勝利となる。箱の列を挟んで押し合う場合はパワーが重要だが、いったん箱の列が崩れれば、並べ直す機動力や、箱を単体で勢いよく押し込む攻撃力の戦いとなる。

費用30万円以内で各チームが趣向を凝らしたロボットを製作。全方向移動の4輪駆動オムニホイール採用ロボットや、手の強烈な払いで箱を遠くに押しやる二足歩行ロボットなど、多彩な顔ぶれで戦いが繰り広げられた。

【運も必要?】

決勝戦では、クリエーター集団「ふじわら工房ロボット部」の「トップウ」と、マテック八尾有志15社が共同製作した「えだまめ君」が対決した。トップウは定荷重バネの戻る力とダクテッドファンによる風力の2種類の攻撃手法を持つ武闘派。一方、えだまめ君はクモのような形状で、機動力を生かしてローラーで兵士を突き進める。開始早々に互いの隊列が崩れた後、陣地線を挟んだ攻防戦で機動力に富む、えだまめ君が勝利した。

えだまめ君の組み立てや操作を担当した辻岡舞一沙氏(たくみ精密鈑金製作所)は「相手ロボットが陣地線を越えたペナルティーで10秒動けない場面があり、運も味方した」と、戦いを振り返り笑顔。歴史上の名将と同じく“強運”もロボット武将に不可欠な要素か。

(2018/2/28 05:00)

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン