[ 科学技術・大学 ]

テラヘルツ波で瞬時に非破壊検査 東工大と東北大、装置開発へ

(2018/3/16 05:00)

電線の被覆材などを透過できる「テラヘルツ波」の特性を利用した非破壊検査技術の実用化に向けた取り組みが進んでいる。東京工業大学と東北大学は共同で、送電線の損傷や柱状トランスなどエネルギー輸送系統の安全性をリアルタイムで可視化する装置開発に乗り出した。エネルギー関連分野に限らず、幅広い産業界との連携も視野に入れる。(山形支局長・大矢修一)

テラヘルツ波(テラは1兆)を利用した非破壊検査の装置開発に取り組むのは、東工大の河野行雄准教授と東北大の小山裕教授らの研究チーム。2019年度末までに実際の現場で実証試験が可能な試作品を開発する。

科学技術振興機構(JST)の支援事業の一環で、河野准教授が研究開発代表を担う。

河野研究室のテラヘルツ波の検出器、小山研究室のテラヘルツ波光源などを組み合わせて、非接触・非破壊による送電線や柱状トランスの油漏れなどを検知・可視化する装置を試作する。

東工大...

(残り:557文字/本文:957文字)

(2018/3/16 05:00)

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話
次世代の電車線路用ビーム

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話 次世代の電車線路用ビーム

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電車の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電車の本

リチウムイオン二次電池の性能評価
長く安全に使うための基礎知識

リチウムイオン二次電池の性能評価 長く安全に使うための基礎知識

わかる!使える!ねじ入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ねじ入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門
付加価値と生産性を見える化してますか?

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門 付加価値と生産性を見える化してますか?

マテリアルズ・インフォマティクス
材料開発のための機械学習超入門

マテリアルズ・インフォマティクス 材料開発のための機械学習超入門

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる