[ 政治・経済 ]

製造業、9割超が人手不足 ロボなど現場革新急務−経産省調査

(2018/3/19 05:00)

製造業で人手不足の深刻化が止まらない。経済産業省のアンケートでは9割超の企業が人材確保に問題があると回答し、2016年度の約8割からさらに増えた。特に技能人材の不足は、現場力を維持・強化する上で大きな課題となる。約3割の企業は、ビジネスにも影響が出ているという。足元で需要が堅調に推移する中、ロボットやIoT(モノのインターネット)による現場革新が急務だ。

経産省製造産業局が17年12月に実施した人材確保に関するアンケートでは、94・2%が人手不足を認識していることが分かった。数値は16年度(16年12月実施)の80・8%から10ポイント以上伸び、深刻さが浮き彫りとなった。回答社数は、約4300社。

経産省は19日に開く審議会で、製造業を取り巻く課題として調査結果を公表する。

また、アンケート回答企業の32・1%が、人手不足により「ビジネスにも影響が出ている」とした。こちらも16年度の22・8%からさらに増え、課題の重大さを物語る。

背景の一つが堅調な市場動向だ。足元で一部変調の兆しはあるものの、モノづくりの需要は総じて高水準に推移。

ある機械部品メーカー経営者は半導体市場の拡大などに触れ、「人がもっといれば売り上げを増やせる」と唇をかむ。

打開策としてロボットやIoTに期待がかり、経産省も導入支援に動く。だが、「どうしても人でないと難しい工程がある」(同じ経営者)のが難点だ。それでも、超高齢化社会の中で労働力の増加は望めない。

製造業は属人的な工程をいま一度見直し、モノづくりを抜本的に変える必要性に迫られている。

(2018/3/19 05:00)

政治・経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

自動車用途で解説する!材料接合技術入門

自動車用途で解説する!材料接合技術入門

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい微生物の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい微生物の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいダムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいダムの本

機械製図CAD作業技能検定試験 1・2級実技課題と解読例
第2版

機械製図CAD作業技能検定試験 1・2級実技課題と解読例 第2版

「電験三種」ビギナーのための数学再入門
「小学校・中学校・高校」レベルからステップアップ

「電験三種」ビギナーのための数学再入門 「小学校・中学校・高校」レベルからステップアップ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気の本 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン