[ オピニオン ]

産業春秋/和戦を分けた会談

(2018/3/23 05:00)

150年前の明治元年は、今日なら号外が飛び交うような大事件が相次いだ。中でもトップニュースは、旧暦3―4月にかけての江戸開城交渉だろう。

幕臣の勝海舟と、薩摩藩の西郷隆盛との間で交わされた約定により江戸は戦火を免れ、新政府側の勝利を決定づけた。当初は大阪遷都も検討されたというから無血開城がなければ明治日本の姿はよほど違ったものになり、殖産興業も遅れたかもしれない。

維新の英雄2人は江戸の薩摩藩邸で対面した。破談になれば英仏両国を巻き込んだ市街戦が避けられない情勢の中で、会談は粛々と進んだと勝の回顧録にあるそうだ。約定通り江戸城が明け渡されたのは4月11日、太陽暦だと5月3日に当たる。

現代日本の平和を危うくするのは、内戦ではなく朝鮮半島情勢だ。米国のトランプ大統領と、北朝鮮の金正恩委員長のトップ会談の行方はまだ分からない。しかし実現すれば、それは和戦を分ける歴史的なものになるかもしれない。

残念ながら日本のリーダーは足元の不祥事の火消しに追われている。勝や西郷のような英雄不在の中で、東アジアの新たな歴史が綴られる。傍らで見守る日本の市民も産業界も、どうか戦火を避けてほしいと切実に願っている。

(2018/3/23 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン