[ ロボット ]

安川電、北九州市に研究開発拠点 100億円投じ新設

(2018/4/13 05:00)

安川電機は2020年6月に約100億円を投じて北九州市の本社隣接地に研究開発拠点を新設する。グループの開発や生産技術の機能を集約し、基礎研究から量産試作まで一貫した研究開発体制を構築する。北九州市中心部にある既存の開発研究所を新拠点に移転。本社のロボット開発部門も加えて400人体制ではじめ、500人規模に拡充する。

新拠点「安川テクノロジーセンタ(仮称)」は3階建てで延べ床面積は約2万6000平方メートル。各フロアには壁を設けず担当者間の交流を促す環境を整備。製品開発だけでなく生産ラインの試作なども手がける。今後は残る敷地でロボットなどの工場の増設も検討する。

IoT(モノのインターネット)の進展で生産現場の機器のデータを活用した生産効率化への需要が高まる。安川電機はすでに産業用ロボット、サーボモーター、インバーターといった生産ラインの核となる工場自動化(FA)機器を製造業に数多く納入...

(残り:158文字/本文:558文字)

(2018/4/13 05:00)

Journagram→ Journagramとは

PR

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる