[ ロボット ]

安川電、北九州市に研究開発拠点 100億円投じ新設

(2018/4/13 05:00)

安川電機は2020年6月に約100億円を投じて北九州市の本社隣接地に研究開発拠点を新設する。グループの開発や生産技術の機能を集約し、基礎研究から量産試作まで一貫した研究開発体制を構築する。北九州市中心部にある既存の開発研究所を新拠点に移転。本社のロボット開発部門も加えて400人体制ではじめ、500人規模に拡充する。

新拠点「安川テクノロジーセンタ(仮称)」は3階建てで延べ床面積は約2万6000平方メートル。各フロアには壁を設けず担当者間の交流を促す環境を整備。製品開発だけでなく生産ラインの試作なども手がける。今後は残る敷地でロボットなどの工場の増設も検討する。

IoT(モノのインターネット)の進展で生産現場の機器のデータを活用した生産効率化への需要が高まる。安川電機はすでに産業用ロボット、サーボモーター、インバーターといった生産ラインの核となる工場自動化(FA)機器を製造業に数多く納入...

(残り:158文字/本文:558文字)

(2018/4/13 05:00)

PR

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術大全シリーズ 
ドライプロセス表面処理大全

技術大全シリーズ ドライプロセス表面処理大全

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゲノム編集の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゲノム編集の本

おもしろサイエンス 
地形の科学

おもしろサイエンス 地形の科学

太陽光発電のスマート基幹電源化
IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

太陽光発電のスマート基幹電源化 IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

SDGs経営
“社会課題解決”が企業を成長させる

SDGs経営 “社会課題解決”が企業を成長させる

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン