[ 政治・経済 ]

【電子版】米国防総省、シリア防空システム効果なし 攻撃「精密、圧倒的」

(2018/4/15 07:00)

  • ワシントン近郊の国防総省でシリア攻撃に関して、地図を示しながら説明する米軍高官(14日、AFP=時事)

【ワシントン時事】米国防総省と米軍の高官は14日、米英仏によるシリア攻撃に関し、アサド政権の防空システムはほとんど効果がなかったと述べ、攻撃は「精密、圧倒的、効果的」だったと強調した。また、ロシアの防空システムが稼働したことを示す情報はないと語った。

 高官によると、米英仏は東地中海や紅海に艦船を展開するとともに、戦略爆撃機B1も投入。シリア国内にある研究施設や化学兵器貯蔵施設を含む3カ所を標的に、巡航ミサイル「トマホーク」や「ストームシャドー」などを撃ち込んだ。

  • 米巡洋艦から発射された巡航ミサイル「トマホーク」(14日、米海軍提供、AFP=時事)

  • シリア攻撃のためキプロスの基地を離陸する英空軍機(14日、英国防省提供、AFP=時事)

  • ダマスカス近郊で米英仏軍によるとみられる攻撃で破壊された研究所(14日、AFP=時事)

 作戦には、英戦闘機トーネードやタイフーン、仏戦闘機ラファールなども参加。攻撃規模は昨年4月の約2倍といい、「シリアの化学兵器計画を数年遅らせた」としている。

 高官はまた、被害の詳細は調査中だとしながらも、「民間人の巻き添えは確認されていない」と述べた。シリア側は約40発の地対空ミサイルで応戦を試みたが、効果はなかったという。

 さらに、シリア内戦に米国が介入する意思はなく、攻撃はあくまでもアサド政権による化学兵器使用を受けた措置だと説明。シリアでの偶発的衝突を避けるため、米ロの軍同士の間に設けている連絡ラインについては、引き続き機能していると説明した。攻撃後、アサド政権や政権派武装勢力からの反撃はないという。

(2018/4/15 07:00)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる