[ オピニオン ]

産業春秋/洋酒界の“時の人”

(2018/4/23 05:00)

秩父盆地にある社員十数人のベンチャーウイスキー(埼玉県秩父市)に今春、6人の若者が入った。うち1人は味や香りの決め手となる樽(たる)職人に育てる。年内に、初めて地元のミズナラ材を使い、酒の仕込みに入るという。

自社ブランドを『イチローズ・モルト』と命名した社長の肥土(あくと)伊知郎さん。創業は2004年と日が浅いが、洋酒界では“時の人”だ。「高品質なものを作りたい」一心で試行錯誤を繰り返し、今年の英国品評会「ワールド・ウイスキー・アワード」では、2年続けて部門の世界最高賞に輝く。

小規模蒸溜所ながら自前の工房、職人を擁する。樽の材料のミズナラは従来北海道産を使ってきたが、秩父産にし「そもそもの強い個性に磨きがかかる」とファンは期待する。

肥土さんの実家は洋酒も扱う酒造会社だった。その後、経営難に陥り、他人の手に渡った。肥土さんは廃棄寸前だった樽や設備を守ろうと起業した。

この15年間を「苦しみより面白さが上回っていた」と振り返る。埼玉産業人クラブ主催の「第14回埼玉ちゃれんじ企業経営者表彰」で19日、埼玉県知事賞を受賞した。家宝をベースに、プロが認める品質を生んだベンチャー魂に、学ぶところは少なくない。

(2018/4/23 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい消臭・脱臭の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい消臭・脱臭の本

自動車エレクトロニクス「伝熱設計」の基礎知識
小型・高性能化する自動車用電子制御ユニット(ECU)の熱対策技術

自動車エレクトロニクス「伝熱設計」の基礎知識 小型・高性能化する自動車用電子制御ユニット(ECU)の熱対策技術

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい環境発電の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい環境発電の本

はじめての現場改善

はじめての現場改善

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる