[ オピニオン ]

産業春秋/建設ロボとの協調

(2018/5/14 05:00)

溶接工や耐火被覆の作業員が足りないなど建設現場の人手不足が深刻だ。人口減少や高齢化で担い手が減る一方、建設需要は首都圏の再開発に支えられ、旺盛なためだ。

労働者不足を補おうと、建設業界は現場作業の省力化に知恵を絞る。建設ロボットの活用をはじめ、IoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)など先端技術を駆使した研究開発が進む。

先日、都内の建設現場で「耐火被覆吹付ロボット」の実証実験に足を運んだ。作業員がスイッチを押すと、カーンカーンカーンと音を発して動き出し、柱に沿って下から上に順番に材料を吹き付ける。吹く場所によって自在に機敏に動き回るアーム(腕)の動きが印象的だ。

このロボットを導入すれば3人で行う作業が2人で済み、3割強の省力化が可能となる。やがて高所作業など、過酷な現場から導入が進むに違いない。

ただ省人化しても現場に人は欠かせない。実演でもロボットの吹き付け作業後、職人が台車に乗り、コテで表面を押さえていた。説明員に理由を聞くと、「コテ作業の自動化は現状では難しい」という。ロボットには得意なことを任せ、難しい作業は人間が補う。両者が協調する現場の実現はそう遠くない。

(2018/5/14 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

  • 2020/08/15

    8/15、土曜日付記事更新 ※8/17(月)は新聞休刊日のため、電子版も朝刊記事の更新はありません。ご了承ください。

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる