[ 政治・経済 ]

【電子版】ジーンズ姿のプーチン氏、自らトラック運転 クリミア橋開通で支配誇示

(2018/5/16 06:00)

  • ロシア本土からウクライナ南部クリミア半島に架かる橋をトラックを運転して渡るプーチン大統領(運転席右)(15日、AFP=時事)

【モスクワ=時事】ロシアのプーチン大統領は15日、ロシアが併合したウクライナ南部クリミア半島とロシア本土を結ぶ巨大な「クリミア橋」の自動車道開通式に出席し、ジーンズ姿で自らハンドルを握りトラックを運転した。実効支配を誇示してみせた格好だ。

 トラックなどの車列は橋を通ってロシア本土からクリミアに渡った。プーチン氏は「この素晴らしい歴史的な日を心から祝う」と強調。橋は「(クリミアの)経済の新たな発展と住民の生活水準向上を可能にする」と誇らしげに語った。

  • ロシア本土とクリミア半島を結ぶ橋をトラックで通行したプーチン大統領(15日、AFP=時事)

 クリミアとロシアを隔てるケルチ海峡に架かる橋の全長は約19キロメートル。2016年2月に建設が始まり、総工費は2280億ルーブル(約4050億円)に上る。片側2車線の自動車道のほか、来年には鉄道も開通予定。自動車の通行は16日に始まる。

 クリミアはロシア本土と陸路でつながっていなかった。これまで交通手段は飛行機かフェリーに限られていた。クリミア併合後、プーチン政権は20年までの「クリミア社会経済発展計画」を策定し、インフラ整備など「ロシアとの一体化」を進めている。

(2018/5/16 06:00)

政治・経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいボイラーの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいボイラーの本

シッカリ学べる! 
照明系・投光系光学設計の基礎知識

シッカリ学べる! 照明系・投光系光学設計の基礎知識

事故事例から学ぶ 
材料力学と強度設計の基礎

事故事例から学ぶ 材料力学と強度設計の基礎

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本
双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本 双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第5版
2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第5版 2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

図解よくわかる 
電車線路のはなし 第2版

図解よくわかる 電車線路のはなし 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン