[ 化学・金属・繊維 ]

【電子版】豪リオ・ティント、鉄鉱石の鉄道輸送 完全自動化へ(動画)

(2018/5/22 15:00)

  • 西オーストラリア州のピルバラ地域で成功した鉄鉱石運搬での完全自動鉄道実験の様子(17年10月、リオ・ティント提供)

【シドニー=時事】英豪系資源大手リオ・ティントは18日、西オーストラリア州で鉄鉱石の鉄道輸送を完全に自動化する「オートホール」事業で豪当局の承認を受けたと発表した。今年末までに整備を終える予定という。

 整備が完了すれば、高重量貨物を長距離運搬する鉄道の自動化としては世界初。時間短縮などにより、同社は「鉄鉱石の運搬で安全性や生産性が大幅に高まる」と強調した。

 自動化運転は、2017年1~3月に運行監視員を1人乗せた形で開始。完全自動化後には監視員がいなくなる。18年1~3月期には、鉄鉱石の鉄道輸送距離全体の65%に相当する300万キロで完全自動化を実現した。

 西オーストラリア州の鉄鉱石産地ビルバラ地区で総距離1700キロ以上の線路上で200台以上の機関車を運行。16鉱山から四つのターミナルに鉄鉱石を運搬している。

 豪メディアによると、オートホールの当初の建設費用は5億1800万米ドルだった。技術改善などのコストを反映して、最終的には9億4000米ドルに上る見込み。

Australia’s first fully autonomous train run(Rio Tinto)

(2018/5/22 15:00)

化学・金属・繊維のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいボイラーの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいボイラーの本

シッカリ学べる! 
照明系・投光系光学設計の基礎知識

シッカリ学べる! 照明系・投光系光学設計の基礎知識

事故事例から学ぶ 
材料力学と強度設計の基礎

事故事例から学ぶ 材料力学と強度設計の基礎

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本
双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本 双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第5版
2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第5版 2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

図解よくわかる 
電車線路のはなし 第2版

図解よくわかる 電車線路のはなし 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン