[ ICT ]

【電子版】アップルのスマホ特許訴訟 サムスン賠償金は588億円に

(2018/5/25 11:30)

  • アップルとサムスンの7年間にわたるデザイン特許訴訟。残っていた賠償金額部分でカリフォルニア地裁は588億円を認定した(アップルのiPhone X(左)とサムスンの Galaxy S8、ブルームバーグ)

 アップルとサムスン電子のスマートフォン特許権を巡る差し戻し審で、米カリフォルニア州サンノゼの連邦地裁陪審は24日、サムスンのアップルへの損害賠償を5億3900万ドル(約588億円)と認定した。

 国際的な特許訴訟が始まってから7年となる中、アップルは2012年に出された当初の評決に盛り込まれた約10億ドルの賠償を差し戻し審でも求めていた。これに対し、サムスンは2800万ドルを主張していた。

 同日の陪審認定は損害賠償額についてだけで、スマートフォンの角の丸みや前面を囲む縁などを含むアップルのデザイン特許(意匠権)3件と通常特許2件に対するサムスンの侵害については既に確定している。

 サムスンは評決の後の声明で、「今日の認定は、意匠権侵害の範囲に関して最高裁が全会一致で下したサムスン電子に有利な判断を無視した行動だ。企業や消費者全員にとって創造性や公正な競争を妨げない結果を獲得するためあらゆる選択肢を検討する」とコメントした。

 アップルは評決の後の声明で、「われわれはデザインの価値を深く信じている。当社チームは顧客を喜ばせる革新的な製品を作るため不断の努力を行っている。今回のケースは常に、お金以上の重要性がある」との見解を示した。

 12年の陪審評決が認定した10億5000万ドルの賠償金はその後の控訴審などで減額され、16年に最高裁は控訴審が認定した3億9900万ドルの賠償金の妥当性を再審理するよう連邦地裁に差し戻していた。今回の評決により、サムスン電子は1億4000万ドルの賠償金上積みを余儀なくされた。(ブルームバーグ)

(2018/5/25 11:30)

おすすめコンテンツ

技術士(第一次・第二次)試験 
「電気電子部門」受験必修テキスト
第4版

技術士(第一次・第二次)試験 「電気電子部門」受験必修テキスト 第4版

技術士第二次試験 
「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 
「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第5版

技術士第二次試験 「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第5版

技術士第二次試験 
「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいNC旋盤の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいNC旋盤の本

2020年度版 
技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2020年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる