[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】米フォード、ダイムラーとの燃料電池合弁を解散へ

(2018/6/14 14:30)

  • フォードとダイムラーは車用燃料電池開発の合弁を解消、オートモーティブ・フューエル・セル・コーポレーションも今夏に解散する(ブルームバーグ)

【デトロイト=ロイターES時事】米自動車大手フォード・モーターは13日、独ダイムラーとの自動車用燃料電池技術開発に関する合弁会社を解散することを明らかにした。今後は両社がそれぞれ独自に開発を進めていく。

 フォードがロイター通信に対して語ったところによると、両社の合弁会社「オートモーティブ・フューエル・セル・コーポレーション」(加ブリティッシュコロンビア州)は今夏に解散する予定。同社ウェブサイトによると、従業員は約200人という。

 主要な自動車メーカーやスタートアップ企業は長年、燃料電池車の開発や投資を続けている。しかし世界の市場で燃料電池車は小さな「ニッチ」を占めるにすぎない。

 燃料電池車をめぐっては、ホンダと米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)が共同で開発しているほか、トヨタ自動車は量産化に向けた取り組みを進めている。独自動車大手フォルクスワーゲンの高級車部門アウディと組んで燃料電池開発を行っている加バラード・パワー・システムズも今週、アウディとの契約を延長した。

 一方、ダイムラーのツェッチェ最高経営責任者(CEO)は今年初め、バッテリーを使った電気自動車に注力する考えを示唆していた。

(2018/6/14 14:30)

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

本気で取り組むFMEA
全員参加・全員議論のトラブル未然防止

本気で取り組むFMEA 全員参加・全員議論のトラブル未然防止

おもしろサイエンス 
岩石の科学

おもしろサイエンス 岩石の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいプリント配線板の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいプリント配線板の本 第2版

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新”
品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新” 品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

未来の科学者との対話16
第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話16 第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン