[ エレクトロニクス ]

【電子版】インテル、AI向けCPU「ジーオン」 17年売上高10億ドル突破

(2018/8/11 13:00)

  • インテルの「Xeon」スケーラブル・プロセッサー(同社提供)

【サンタクララ=ロイター時事】米半導体大手インテルは8日、人工知能(AI)向けCPU(中央演算処理装置)「Xeon(ジーオン)」の売上高が2017年に10億ドルに達したと発表した。

 パソコン販売が頭打ちとなる中、インテルは携帯端末やウェブ向けのアプリに演算処理を提供するデータセンターの売り上げへの依存度を高めてきた。それらのアプリは、写真や音声認識機能といったAIに依存している。

 ただ、AIの演算処理モデルを「トレーニング(学習)」するのには、インテルが長年にわたって中心的な役割を果たしてきたCPUよりも、米エヌビディアが展開するような画像処理の半導体の方が適しているとの考えが研究者の間で広がっている。

 インテルのデータセンターの責任者、ナービン・シェノイ氏は、インテル本社で開催された金融アナリスト向けのイベントに出席。同氏は「インテルは、過去数年間にAIの『学習』を進めたことで、CPUの処理能力を200倍以上改善できた」と説明した。

(2018/8/11 13:00)

エレクトロニクスのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいボイラーの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいボイラーの本

シッカリ学べる! 
照明系・投光系光学設計の基礎知識

シッカリ学べる! 照明系・投光系光学設計の基礎知識

事故事例から学ぶ 
材料力学と強度設計の基礎

事故事例から学ぶ 材料力学と強度設計の基礎

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本
双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本 双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第5版
2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第5版 2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

図解よくわかる 
電車線路のはなし 第2版

図解よくわかる 電車線路のはなし 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン