[ エレクトロニクス ]

【電子版】インテル、AI向けCPU「ジーオン」 17年売上高10億ドル突破

(2018/8/11 13:00)

  • インテルの「Xeon」スケーラブル・プロセッサー(同社提供)

【サンタクララ=ロイター時事】米半導体大手インテルは8日、人工知能(AI)向けCPU(中央演算処理装置)「Xeon(ジーオン)」の売上高が2017年に10億ドルに達したと発表した。

 パソコン販売が頭打ちとなる中、インテルは携帯端末やウェブ向けのアプリに演算処理を提供するデータセンターの売り上げへの依存度を高めてきた。それらのアプリは、写真や音声認識機能といったAIに依存している。

 ただ、AIの演算処理モデルを「トレーニング(学習)」するのには、インテルが長年にわたって中心的な役割を果たしてきたCPUよりも、米エヌビディアが展開するような画像処理の半導体の方が適しているとの考えが研究者の間で広がっている。

 インテルのデータセンターの責任者、ナービン・シェノイ氏は、インテル本社で開催された金融アナリスト向けのイベントに出席。同氏は「インテルは、過去数年間にAIの『学習』を進めたことで、CPUの処理能力を200倍以上改善できた」と説明した。

(2018/8/11 13:00)

エレクトロニクスのニュース一覧

おすすめコンテンツ

実用設計製図 
幾何公差の使い方・表し方
第2版

実用設計製図 幾何公差の使い方・表し方 第2版

超ロボット化社会
ロボットだらけの未来を賢く生きる

超ロボット化社会 ロボットだらけの未来を賢く生きる

アグリカルチャー4.0の時代 
農村DX革命

アグリカルチャー4.0の時代 農村DX革命

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙ロケットの本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙ロケットの本 第3版

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2017/2018/2019対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2017/2018/2019対応-

シッカリ学べる! 
機械設計者のための振動・騒音対策技術

シッカリ学べる! 機械設計者のための振動・騒音対策技術

Joint Media

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン