[ オピニオン ]

産業春秋/環境危機時計

(2018/9/28 05:00)

2018年の「環境危機時計」は前年より14分進み、9時47分になった。ここ数年、年に2―4分の進行だったが、今年は急激に進んだ。調査を始めた1992年の7時49分から2時間近く進み、回答者が「極めて不安」と感じていることが明らかになった。

旭硝子財団がまとめた地球環境問題と人類の存続に関するアンケート結果だ。139カ国1866人が回答。年代別ではこれまで60歳以上の危機時刻が最も進んでいたのに対し、今年は20―30代の時刻が急激に進み、10時台に突入した。

これから何十年も地球で暮らしていかなければならない世代にとって環境の危機が実感として迫ってきているということだろう。

回答者の多い日本や中国の針の進みが大幅だ。前年に比べ日本は20分、中国は27分進み、10時34分になった。危機意識の高まりをうかがわせる。パリ協定離脱を表明した米国も針は進んだ。一方、東欧・旧ソ連は前年より針が遅れて、8時台にとどまった。

気候変動をはじめ、生物多様性、水資源、海洋のプラスチック汚染など環境危機時計を進める要因は少なくない。将来世代が心地よく暮らせる地球にするため、現世代が時計の針を戻す努力をしなければならない。

(2018/9/28 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい金属材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい金属材料の本

原子力年鑑2020

原子力年鑑2020

200の図とイラストで学ぶ 
現場で解決!射出成形の不良対策

200の図とイラストで学ぶ 現場で解決!射出成形の不良対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる