[ オピニオン ]

産業春秋/もの哀しい“異国情緒”横浜

(2018/10/29 05:00)

横浜市の中心部である中区周辺は、異国情緒にあふれている。本牧地区は現在でも米軍住宅があるし、山手地区には「フランス山」と呼ばれる観光地もある。横浜港とあいまって表面上は開放的な印象もあるものの、なにかもの哀しい感じもする。

横浜大空襲で全市の約6割の11万9000軒もの建物が焼かれた横浜に、戦後は米国軍による接収が行われた。接収面積は約46万2000平方メートル。沖縄を除くと日本国の接収面積の実に約62%を占めたという。

「クイーンの塔」として親しまれていた横浜税関は米国第8軍司令部となった。横浜スタジアムのある横浜公園には米軍のチャペルセンターがおかれ、野球場は米軍専用となって、「ゲーリック球場」と呼ばれた。

横浜の心臓部ともいうべき港湾施設も接収され、進駐軍兵士が幅をきかせた町で人々は打ちひしがれた。1951年、平沼亮三横浜市長を中心に、横浜市復興建設会議がおかれ、接収解除への働きかけが始まり、同年サンフランシスコ平和条約が締結され、接収解除が進み始める。

綴られた歴史の糸を一つ一つ解きほぐしていくと、さまざまなドラマがある。横浜の「もの哀しさ」の背景には、悲しい歴史が影を落としている。

(2018/10/29 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる