[ 商社・流通・サービス ]

【電子版】アマゾン、独当局が「地位乱用疑い」で調査 “二重の役割”に焦点

(2018/11/30 17:00)

  • 11万平方メールの面積を誇るコブレンツのフルフィルメント センター(11月23日、ドイツ・ラインラント プファルツ州=ブルームバーグ)

 ドイツの連邦カルテル庁は29日、米アマゾン・ドット・コムが同社の独ウェブサイトを通じて販売する業者に課している条件について、調査を開始したと発表した。同国最大の小売業者であると同時に、小規模小売業者が利用する同国最大のオンライン市場の提供元という「二重の役割」が調査の焦点。

 アマゾンにとってドイツは米国外で最大の市場。アマゾンをめぐっては、同社が自社製品の投入に役立てるためライバル業者の成功例に関する情報を収集していたかどうかを欧州連合(EU)が調査している。独連邦カルテル庁は売り手から「多数の」苦情を受けたとしている。

 同庁のアンドレアス・ムント長官は電子メールで配布された発表文で、「アマゾンは顧客にとってある種の門番のように機能している」とし、「小売業者最大手、そして最大の売り場提供業者という二重の役割を持つことで、自らのプラットフォームにおいて他の売り手を妨害する可能性がある」と指摘した。

 アマゾンは「連邦カルテル庁と協力し、中小企業を支援し成長を助けるため引き続き懸命に取り組む」と電子メールでコメントした。

 既に行われているEU当局の調査と同様の対象で加盟国の独禁当局が乗り出すのは異例。独連邦カルテル庁は初期段階のEU調査を補完するものだと説明した。

 EUの行政執行機関である欧州委員会のベステアー委員(競争政策担当)は、ドイツの事例は、他の販売業者の「売り上げに関する極秘データの問題」やそれをアマゾンが自社利益のためにどう利用する可能性があるかに焦点を当てたEUの調査とは「全く異なる」と述べた。(ブルームバーグ)

(2018/11/30 17:00)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる