[ オピニオン ]

産業春秋/日本人と魚

(2019/3/1 05:00)

世界の1人当たりの食用魚介類消費量は増加傾向にある。水産庁によると、食品流通の国際化やたんぱく質を多く含む食品を中心とした食生活への移行などにより、1961年から50年余りで消費量は倍増した。

一方、日本は事情が違う。2016年度の食用魚介類の1人当たりの年間消費量は24・6キログラム(概算値)。ピークである01年度の4割減まで落ち込んだ。調理に手間がかかると思われているようだ。

とはいえ、日本人が魚と縁を切ることは難しい。コンビニエンスストアでは、ツナマヨネーズやサケ、タラコのおにぎりが定番。おでんには、練り物が不可欠だ。魚介スープが人気のラーメン店には行列ができる。

アレルギーで魚を食べられない体になり、いかに自分の生活と魚が密接だったかを実感した。日頃の食事はもちろん、旅行に行くにも海の幸が豊富な土地は排除しなければならない。旅の楽しみまで奪われた。

日本と対照的に魚の消費量が増えているのが中国。欧米でもすしをはじめ、日本食のレベルが上がってきており、刺し身への抵抗感も薄らいでいる。これから消費量は増えそうだ。大切なモノは失って初めて気付く。日本人にとって、魚はそんな存在なのかもしれない。

(2019/3/1 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

異物不良「ゼロ」徹底対策ガイド
一般エリアからクリーンルームまで即効果が出る

異物不良「ゼロ」徹底対策ガイド 一般エリアからクリーンルームまで即効果が出る

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいシリコーンの本

200の図とイラストで学ぶ 
現場で解決!射出成形の不良対策

200の図とイラストで学ぶ 現場で解決!射出成形の不良対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい金属材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい金属材料の本

原子力年鑑2020

原子力年鑑2020

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる