[ ロボット ]

【電子版】ドローン、飲酒操縦を禁止 航空法改正案を閣議決定

(2019/3/9 08:00)

  • 飲酒時のドローン操縦に対しては1年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金となる

 政府は8日の閣議で、飛行ロボット(ドローン)の安全対策強化を柱とする航空法改正案を決定した。飲酒時の操縦禁止や飛行前の点検の順守などを盛り込んだ。飲酒して正常に操縦できない恐れがある状態でドローンを飛ばした場合、1年以下の懲役か30万円以下の罰金を科す。

 改正案は重量200グラム以上のドローンが対象。事故の発生後、国土交通省が現場の状況や具体的な操作方法について、操縦者からの聞き取りと立ち入り検査ができる制度を創設した。

 このほか、三菱重工業グループによる国産小型ジェット旅客機「MRJ」の2020年半ばの納入を念頭に、製造企業が機体の不具合に関する情報を収集、国交省に報告する制度を設ける。(時事)

(2019/3/9 08:00)

おすすめコンテンツ

異物不良「ゼロ」徹底対策ガイド
一般エリアからクリーンルームまで即効果が出る

異物不良「ゼロ」徹底対策ガイド 一般エリアからクリーンルームまで即効果が出る

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいシリコーンの本

200の図とイラストで学ぶ 
現場で解決!射出成形の不良対策

200の図とイラストで学ぶ 現場で解決!射出成形の不良対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい金属材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい金属材料の本

原子力年鑑2020

原子力年鑑2020

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる