[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】米ボーイング、737MAX警告灯不具合 17年に把握 対応先送り

(2019/6/10 14:00)

  • ボーイング「737MAX 8」のコックピット(3月15日、インドネシア・スカルノハッタ国際空港=ブルームバーグ)

  • ボーイング「737MAX」のAOA(迎え角)センサー(ボーイング提供)

【シアトル=ロイター時事】米下院運輸経済基盤委員会の幹部らは7日、米ボーイングが新型旅客機「737MAX」のコックピットの警告灯に不具合があることを2017年に把握しながら、修正を20年まで見送る決定をしていたと明らかにした。

 問題の警告灯は、気流に対する翼の角度(迎え角)を測る二つのセンサーが一致しない場合、パイロットに警告するもの。昨年10月と今年3月に相次いだ同型機の墜落事故では、誤った迎え角のデータが事故の原因になった可能性があるとみられている。

 デファジオ委員長(民主)らは記者会見で、ボーイングが17年11月、警告灯の不具合を修正するためのソフトウエア更新を20年まで先送りすることを決めたと説明。昨年10月にライオン航空機がインドネシアで墜落事故を起こし、ようやく予定を早めたと指摘した。

 ボーイングの広報担当者は電子メールで、社内の安全審査の結果、この警告灯がなくても航空機の安全性や運航に悪影響は出ないと判断したと述べた。

(2019/6/10 14:00)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい金属材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい金属材料の本

200の図とイラストで学ぶ 
現場で解決!射出成形の不良対策

200の図とイラストで学ぶ 現場で解決!射出成形の不良対策

原子力年鑑2020

原子力年鑑2020

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる