[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】エアバス、新型「A321XLR」の受注開始 パリエアショー

(2019/6/18 05:00)

  • エアバスは17日、米エア・リースから100機(50機のA220-300、27機のA321XLR、23機のA321neo)、カタログ価格で110億ドル(約1兆4100億円)規模の受注を発表した(左から)エアリースのスティーブン・F・ウドヴァーヘイジー会長、エアバスのクリスチャン・シーラーCCO、エアリースのジョン・プルガーCEO兼社長(エアバス提供)

【パリ=ロイター時事】欧州航空機大手エアバスは17日、パリ国際航空ショーで「A321neo」をベースに航続距離を延ばした新型旅客機「A321XLR」の受注を開始する。関係筋によると、同社は1週間で200機近くの受注を見込む。

 隔年で開催される同ショーでは、1500億ドル規模の商用航空機市場をめぐり、エアバスと米ボーイングの販売チームが「打撃戦」を繰り広げる。

 ただ、航空各社は経済成長の減速や貿易摩擦、地政学的な不確実性に懸念を強めており、アナリストらは今年のショーは抑制気味になるとみている。

 さらに、それぞれの問題も抱える。ボーイングは墜落事故が続いた主力の新型旅客機「737MAX」の運航再開に向け取り組みを進めており、エアバスは汚職疑惑への対応に追われている。

  • 「A321neo」をベースに航続距離を延ばしたエアバスの新型機「A321XLR」(エアバス提供)

(2019/6/18 05:00)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる