[ トピックス ]

新潟・山形地震 インフラ状況(19日14:00時点)

(2019/6/19 14:00)

新潟・山形地震 インフラ状況

国土交通省の12時30分現在の調べによると、新潟県内の県道での落石が一カ所見つかり通行止めとなったが、インフラ被害は大きくは拡大していないもよう。

道路

高速道路は全線で通行可能。東日本高速道路(NEXCO東日本)が山形道と日本海東北道の一部区間を通行止めにし、点検していたが、安全確認が取れたので1時15分に全線解除した。

一般道では国道345号新潟県村上市板貝地先で落石により通行止め。新たに同市内の県道52号、大代―雷(いかずち)間も落石が見つかり通行止め。他には被害報告は入っていない。

鉄道

鉄道はJR東日本の各新幹線が19日始発から通常通り運行。一方、震源付近の在来線ではホームや電化柱に損傷があり、羽越線・村上―酒田間、陸羽西線古口‐余目間で点検のため 始発から運転を見合わせ。再開の見込みは立っていない。

脱線などの被害はない。民鉄も被害の報告はない。

JR貨物は19日朝、同日発の日本海縦貫線を通る貨物列車について、運休や区間運休を決めた。

港湾・空港

港湾は鼠ヶ関港(山形県地方港湾)で物揚場に亀裂ができ10センチの段差が発生、酒田港(山形県重要港湾)ではガントリークレーンの故障ランプが点灯したが点検の結果異常なし。山形県の米子漁港など3港で段差が確認されている。

空港施設は異常なし。

上下水道・住宅

下水道処理施設も異常なし。

住居家屋では一部で液状化があるという。国交省は被害状況を調査し、応急危険度判定を行うかどうかを決める。

(2019/6/19 14:00)

総合3のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士(第一次・第二次)試験 
「電気電子部門」受験必修テキスト
第4版

技術士(第一次・第二次)試験 「電気電子部門」受験必修テキスト 第4版

技術士第二次試験 
「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 
「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第5版

技術士第二次試験 「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第5版

技術士第二次試験 
「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいNC旋盤の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいNC旋盤の本

2020年度版 
技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2020年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる