[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】ボーイング737MAX、新たな潜在的リスク 米当局が指摘

(2019/6/27 06:00)

  • ボーイングの737MAX(16年7月、イギリス・ファンボロー空港=ブルームバーグ)

 米連邦航空局(FAA)は26日、墜落事故を受けて運航停止中のボーイング737MAXの検証プロセス中に、ボーイングが対処しなくてはならない新たな潜在的リスクが見つかったことを明らかにした。FAAは電子メールで送付した発表資料で、「FAAは最近、ボーイングが軽減しなければならない潜在的リスクを見つけた」と表明。ただ具体的な説明はなかった。

 事情に詳しい関係者2人によれば、FAAは737MAXに搭載されているフライトコンピューターのデータ処理が原因で機体が急降下する可能性があり、シミュレーター訓練でパイロットが機体を水平に戻そうとしたが難しかった。

 また同関係者によると、この問題は2件の墜落事故に関連する失速防止装置「MCAS」とは無関係だが、事故発生時と同様の突然の急降下を引き起こす可能性がある。この関係者は公の場でコメントする立場にないとして匿名で語った。

 ボーイングの広報担当、ゴードン・ジョンドロー氏は、同社はFAAの調査結果に同意するとし、8カ月前から続けているソフトウエアの設計変更に加えて、この問題にも対処していると述べた。それにより、突然の尾翼水平安定板(スタビライザー)の動きに対応しやすくなり、「パイロットの負担は減るだろう」と説明。「当社の最優先課題は航空機の安全性だ」とした上で、「安全なMAXの運航再開に向けFAAに協力している」と語った。(ブルームバーグ)

(2019/6/27 06:00)

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる