[ 科学技術・大学 ]

【電子版】かに星雲から史上最強450兆eVのガンマ線、チベットの観測装置で検出 日中共同チーム

(2019/7/8 05:00)

  • ハッブル宇宙望遠鏡によるかに星雲の可視光イメージ(NASA提供)

 東京大宇宙線研究所などが参加する日中共同研究チームは、中国・チベット自治区に建設した「チベット空気シャワー観測装置」で、超新星爆発の残骸「かに星雲」から飛来した観測史上最も高いエネルギーのガンマ線検出に成功したと発表した。論文は米物理学誌フィジカル・レビュー・レターズ電子版に掲載された。

 地球に飛来した宇宙線やガンマ線は、大気中の原子核と衝突するなどして大量の2次粒子(空気シャワー)を生む。同装置はこの粒子を検出器で捉え、元となった宇宙線のエネルギーや方角を算出するが、高エネルギーのガンマ線は宇宙線にまぎれてしまい検出が難しかった。

 同研究所の川田和正助教らは、ガンマ線由来の空気シャワーには素粒子ミューオンが少ないという特徴に着目。2014年、同装置の地下にミューオンの計測器を設け、宇宙線とガンマ線とを識別することに成功した。

  • 東京大宇宙線研究所などが標高4300mの中国・チベット自治区に日中共同で建設した「チベット空気シャワー観測装置」(同研究所提供)

 約2年間の観測で、かに星雲の方向から最高で450兆電子ボルト(エネルギーの単位)のガンマ線を検出。ドイツの観測装置が検出した75兆電子ボルトを大幅に塗り替えた。成果は、1912年の発見以来、その起源や加速の仕組みが分からない宇宙線の解明にもつながるという。川田助教は「高エネルギー領域のガンマ線観測手法が確立できた」と話している。

 研究チームには東京大のほか、弘前大、宇都宮大、日本大生産工学部(千葉県習志野市)、横浜国立大、信州大(長野県松本市)、甲南大(神戸市)などが参加している。(時事)

(2019/7/8 05:00)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる