[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】米ユナイテッド・テクの4-6月期、航空機部品好調も7.2%減益 リストラ費響く

(2019/7/24 05:00)

  • エアバスA320neoに装備されたプラット・アンド・ホイットニーの「PW1100G-JM」エンジン(14年9月、フランス・トゥールーズ=ブルームバーグ)

【ニューヨーク=時事】米総合電機大手ユナイテッド・テクノロジーズが23日発表した2019年4-6月期決算は、純利益が前年同期比7.2%減の19億ドル(約2050億円)となった。リストラ費用などの計上で減益となったが、航空機器・部品を中心に業績は好調だった。

 特殊要因を除いた1株当たり利益は2.20ドルと、市場予想平均(リフィニティブ調べ)の2.05ドルを上回った。

 売上高は17.5%増の196億3400万ドル。市場予想平均(同)は195億5000万ドルだった。

 内訳は、エレベーターの「オーティス」が0.1%増の33億4800万ドル、航空機・エンジンの「プラット・アンド・ホイットニー」が8.7%増の51億5000万ドル、航空機システムの「コリンズ」が66.0%増の65億7600万ドル、空調・同管理の「キヤリア」が1.4%減の49億6200万ドルだった。

 ユナイテッド・テクは19年通期の業績見通しについて、調整後の1株当たり利益を7.90-8.05ドル(従来予想は7.80-8.00ドル)、為替変動などの影響を除いた売上高の伸びを4-5%(同3-5%)にそれぞれ上方修正した。

(2019/7/24 05:00)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

グリーンケミストリー

グリーンケミストリー

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン