[ トピックス ]

令和のことのは(3)みんなの奥永源寺(滋賀県東近江市)

(2019/8/15 05:00)

相聞歌の薬草―時代超え化粧品に

新元号、令和の典拠である万葉集。その中で相聞歌といわれる、恋を詠んだ歌の題材に使われた植物「紫草(むらさき)」の根(紫根)は、飛鳥時代以前から染料として高貴な紫色を生み、薬としても重宝された。地域おこしの企業、みんなの奥永源寺(滋賀県東近江市、前川真司社長、0748・56・1194)は、絶滅危惧種の国産紫草を復活させ、自然派基礎化粧品「ムラサキノ」として18年に商品化した。

  • 「紫草」を復活させた前川社長(右)

  • 自社開発の化粧品「MURASAKIno ORGANIC」

  • 八日市南高校の生徒らと前川社長(中央)

高齢化と過疎化が進んだ同地域で、前川氏が勤務していた滋賀県立八日市南高校などと連携し、栽培に成功。ムラサキノの販売は1万本を超えた。相聞歌のモチーフが時代を超え、化粧品を美しい薄紫色に染める。

  • 小さくひかえめな花を咲かせる紫草

  • JR西日本大津京駅前に建つ歌碑

紫草に関連する歌2首

あかねさす 紫野行き 標野(しめの)行き 野守(のもり)は見ずや 君が袖振る(万葉集巻一、20、額田王)

【意味】赤々と日の照らす紫草の野を行き、その標縄をめぐらした野を行きながら、あなたが衣の袖を振るのを、野の番人が見はしないでしょうか。

紫草の にほへる妹(いも)を にくくあらば 人嬬(ひとづま)故に 吾恋ひめやも(万葉集巻一、21、大海人皇子)

【意味】紫草のように気高く美しいあなたが好きでなかったら、人妻なのだから私がどうしてあなたを恋い慕うだろうか。 

(滋賀県大津市皇子が丘に建つ歌碑と歌碑の説明書きより引用。)

(文・写真=成田麻珠)

(2019/8/15 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン