[ オピニオン ]

産業春秋/戦争の記憶

(2019/8/15 05:00)

多くの中小企業を取材してきたが、ある経営者の戦争体験が忘れられない。「手をしっかり握りしめていたら…」。旧満州(現・中国東北部)から引き揚げる途中、わが子と生き別れた話に打ちのめされた。

背後からソ連軍が迫る中、港は引き揚げ船を待つ人であふれかえっていた。「人波にのまれ、一瞬、手が離れたら、子どもの姿がどこにもない。はあ、それっきりで」。戦後は夫婦二人三脚で町工場を切り盛りしてきた。

終戦の日は知っていても、開戦の日を問われて「12月8日」と即答できる日本人は年々、減りつつあるように思う。それも仕方ない。中学・高校の日本史の授業で近代史は時間切れになりがち。昭和恐慌あたりからは自習した読者も少なくないのでは。

昨年は明治維新から150年。“明治100年”だった1968年(昭43)ごろには、中村草田男が昭和の初めに明治への郷愁を詠んだ「降る雪や明治は遠くなりにけり」が、はやり言葉になった。

終戦からきょうで74年。時代は平成から令和へ。昭和は遠くなり、戦争の愚を語り継ぐことはますます難しくなっている。東京五輪・パラリンピックを待つ喧噪(けんそう)の彼方(かなた)から、引き裂かれた親子の慟哭(どうこく)が、かすかに聞こえてくるようだ。

(2019/8/15 05:00)

オピニオンのニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!放電加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!放電加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ダイカスト入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ダイカスト入門 <基礎知識><段取り><実作業>

リチウムイオン二次電池の性能評価
長く安全に使うための基礎知識

リチウムイオン二次電池の性能評価 長く安全に使うための基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電車の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電車の本

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話
次世代の電車線路用ビーム

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話 次世代の電車線路用ビーム

わかる!使える!ねじ入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ねじ入門 <基礎知識><段取り><実作業>

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる