[ オピニオン ]

社説/愛知県国際展示場が開業 展示会の国際化へ人材育成を

(2019/8/23 05:00)

8月30日、愛知県常滑市に展示面積6万平方メートルの愛知県国際展示場「アイチ・スカイ・エキスポ」が開業する。自動車、航空宇宙産業の一大集積地という立地特性を背景に、中部国際空港直結などの利便性の良さを発揮し、国際的なイベント、展示会の招致に期待が高まる。地元に限らず、日本の産業競争力の強化につなげるとともに、日本の展示会の国際化を進めるきっかけにしたい。

ヒト、モノ、情報が集まる展示会は商談重視の傾向を強めており、ビジネスマッチングの場を求めて企業の出展意欲がおう盛だ。だが大規模な国際展示会は海外中心で、欧米のほかアジア各国での開催が目立っている。それらに比べると、日本では国際展示会がまだ少ない。

理由の一つとして、大規模展示会が開催できるだけのキャパシティーのある会場が少ないことがある。海外には20万平方メートル以上の大型展示場もめずらしくない。国内では東京ビッグサイトの展示面積約11万5000平方メートルが最大で、次いで幕張メッセ、インテックス大阪と続く。

愛知県国際展示場は展示面積こそ国内4番目の規模だが、日本唯一の常設の保税展示場という他の会場にない特徴を持つ。海外製品を持ち込む際の手続きが簡易になり、展示会主催者へのアピール材料にしたい。

運営にはフランスの大手イベント会社、GLイベンツが参加している。世界各国で展示会事業を展開するGLイベンツのネットワークを活用し、展示会招致のほか、新たな国際産業展の立ち上げに取り組む考えだ。

GLイベンツとの連携を通じて、展示会事業を支える人材育成を図れないものか。展示会の国際化を進める上で、国際感覚を身につけたグローバル人材の育成、確保は喫緊の課題だ。

モノづくりをリードする地域に立地する国際展示場らしく、2019年から2年連続で技能五輪全国大会が行われ、20年開催の「ワールド・ロボット・サミット(WRS)」の会場に決まっている。新たなイノベーションを創出する国際的な交流拠点としても機能してほしい。

(2019/8/23 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる