産業春秋/工作機械の博物館

(2019/11/1 05:00)

ヤマザキマザックはあす、工作機械の博物館「ヤマザキマザック工作機械博物館」を岐阜県美濃加茂市にオープンする。創業100周年の記念事業の一環で、他社製を含む歴史的な名機を駆動が可能な状態で展示する。

工作機械がなければ作れなかった蒸気機関車や自動車、航空機などの代表的な工業製品も展示。あらゆる工業製品を生み出すマザーマシンとしての役割を、楽しみながら理解できる構成になっている。

日本の工作機械はかつて、生産台数で長年にわたり世界一を誇ってきた。現在も日本の製造業を技術面でリードし、支える存在であることに変わりはない。だが関係者以外で「工作機械とはなにか」との問いに即答できる人は少ないのではないか。

それだけに博物館の社会的な意義は大きい。建設を唱えて名機を集めた2代目社長の山崎照幸氏(故人)、父の意思を継いで開館を実現した3代目社長で現会長の智久氏。親子二代の熱い思いには頭が下がる。

工作機械は、IoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)、次世代通信技術などを取り入れ、進化を続けている。博物館は、実際に製品に使っている部品の自動加工ラインも併設する。未来を担う子どもたちこそ見てほしい。

(2019/11/1 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

異物不良「ゼロ」徹底対策ガイド
一般エリアからクリーンルームまで即効果が出る

異物不良「ゼロ」徹底対策ガイド 一般エリアからクリーンルームまで即効果が出る

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいシリコーンの本

200の図とイラストで学ぶ 
現場で解決!射出成形の不良対策

200の図とイラストで学ぶ 現場で解決!射出成形の不良対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい金属材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい金属材料の本

原子力年鑑2020

原子力年鑑2020

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる