産業春秋/輸血後感染症

(2020/2/17 05:00)

高名な研究者でもある旧知の医師に、背筋の寒くなるような話を聞かされた。新型コロナウイルスの台頭に関連して、感染症の専門家の間で輸血用血液の安全性への危惧が取り沙汰されているという。

各地で献血された血液は、赤十字の施設に集めて全数を検査する。ただ、その項目はB型・C型肝炎ウイルスやエイズウイルス(HIV)、梅毒など限られたものだけ。

もし新型コロナウイルスが血液中に潜んでいても、見逃されてしまう。輸血を受ける患者は多くの場合、体力も免疫力も低下しているから、発症すれば命の危険に直面する。医療関係者がどんなに警戒していても避けられない感染ルートなのだとか。

こうした『輸血後感染症』の危険はインフルエンザでも同じ。専門家にとっては古くて新しい問題なのだそうだ。「限られた項目だけでも輸血前検査をしている日本の血液は、世界で最も安全だ。それでも完全ではない。患者を過剰に刺激したくないから皆、黙っているんだよ」と冒頭の医師。

今すぐには無理でも、いずれは体制を整えて血液の検査項目を増やす必要があるだろう。そのためには検査の簡便化や自動化、低価格化が欠かせない。メディカル産業の活躍に期待したい。

(2020/2/17 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる