産業春秋/弘道館の梅

(2020/2/24 05:00)

「市内の方が幾分、開花が早いんですよ」―。梅まつりでにぎわう水戸で、地元の人にそう聞いた。なるほど直近の20日の開花情報は偕楽園66%に対し、水戸駅にほど近い弘道館が80%。

江戸期の水戸藩は特異な存在だったそうだ。徳川御三家の一角だが、石高は他の2藩の半分強。しかも水戸の藩主だけが常に江戸詰めの「定府」で、将軍目代の格式のため高い出費を強いられた。

水戸城は質素で、尾張藩の名古屋城や紀州藩の和歌山城のような天守もない。9代藩主の徳川斉昭(なりあき)は三の丸の屋敷を取り壊し、国内最大級の藩校・弘道館を開設して藩士を厳しく育成した。そこに自らが好んだ梅の木を数多く植え、これが後に名物となった。

現代ならさしずめ、低収益で営業外費用に圧迫された企業のトップが、幹部教育と新製品投入で局面打開を図ったようなもの。地元の人は今も斉昭を尊敬し、伝統の『水戸学』を誇る。

今月4日には募金による水戸城大手門の復元も完成。3月29日までの梅まつり期間中、市民が交代で無料ガイドを務め、建学の精神を刻んだ石碑や吉田松陰の自筆漢詩、最後の将軍・徳川慶喜の謹慎所など弘道館の魅力を伝えてくれる。馥郁(ふくいく)たる梅の香と共に楽しむのも一興。

(2020/2/24 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる