新型コロナ/JMACS、遠隔作業支援システム 5月末まで使用料無償

(2020/3/11 05:00)

  • スマートグラスを装着した作業者

JMACSは新型コロナウイルスの感染拡大を受け、スマートグラスを使った遠隔作業支援システム「エヌヴィ」の月額使用料を5月末まで無償とする対応を11日に始める。自宅待機や出張制限により工場などの現場作業を遠隔地から支援する必要が生まれ、同システムの引き合いは従来比2倍程度に増えている。

JMACSは米リアルウェア製のスマートグラスと自社ソフトを組み合わせた、遠隔地間の作業支援システムを約150社に納入している。スマートグラスは頭部に取り付け、手を使わずに作業できる小型モニターや音声操作機能などを備える。遠隔地の熟練者が現場の作業者などに対し、映像や手書き画像を共有しながら、音声通話機能を使って作業を支援できる。

今回、無償にするのはシステムを提供するクラウドサービスの月額使用料で、本来なら端末1台につき2万5000円(消費税抜き)が必要。すでに利用している契約者も対象。新規契約者は端末1台とソフトウエアのセットで約70万円からとなる機器を購入する必要がある。

遠隔作業支援システムの利用と導入のハードルを下げ、長期的な利用者層を広げる狙いもある。非接触入力できるディスプレー端末やスマートグラスを使った遠隔会議システムなど、新型コロナ対策に役立つ他製品も合わせて提案する。

(2020/3/11 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる