新型コロナ/メガ3行、資金繰り支援 数千億円規模でファンド

(2020/4/8 05:00)

  • 企業の資金繰りを支援する数千億円規模のファンドを設けている

銀行大手3行は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、いずれも企業の資金繰りを支援する数千億円規模のファンドを設けている。三井住友銀行は大企業向けに運転資金や設備資金を貸し付ける。部品供給網の維持・管理が目的だ。三菱UFJ銀行は、新型コロナの影響下にある既存取引先を対象とした。みずほ銀行は1件当たり1年以内の借り入れで、金額は原則3000万円以上とした。

各行いずれも日銀が金融緩和の一環として導入した資金繰り支援策を活用する。

三井住友銀の特別ファンドは大企業の部品供給網の維持・管理を目的に、総額が2000億円。中堅・中小企業向けに総額1000億円の特別ファンドも新設済みだ。目的を絞らずに運転資金などに貸し付ける。

みずほ銀のファンドは新型コロナの影響を受けた大口取引先に対し、金利を優遇して融資対応を行う。

総額は3000億円。また、新規や中小企業向けの特別融資制度は、取扱終了日を9月30日まで2カ月延長した。

三菱UFJ銀は数千億円規模のファンドとした。借入期間が最長で1年間の短期運転資金を融資する。比較的低い金利メリットを提供する。

(2020/4/8 05:00)

金融のニュース一覧

おすすめコンテンツ

クリーンルームにおける静電気対策

クリーンルームにおける静電気対策

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策
原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策 原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる