産業春秋/手軽なコロナ検査

(2020/7/22 05:00)

自宅のある自治体には、全国でも数少ない特定感染症指定医療機関がある。新型コロナウイルス感染症対策でも主導的な役割を果たしてきた。加えて地域住民限定で、医師から紹介状をもらえばPCR検査を受けられるサービスを提供している。

家族が夏風邪らしい症状の発熱で医者にかかった時のこと。「念のため」と勧められて検査を受けた。結果が出るまでに数日を要し、同居人には行動制限はないという。ただ、エチケットと思って事情を話し、何件かの面会予定を取り消した。

それが想像以上に波紋を引き起こし、驚かされた。どこから伝わったのか、数日前に会った人から「陰性が確定したら教えてください」という問い合わせまでいただいた。

未知の病気は誰しも怖い。検査を受けただけでも周囲から敬遠されてしまう。軽い発熱程度なら医師の診察を我慢して、周囲に隠している人がいるのではないか。そうした“隠れ感染者”が町を歩くのが最も怖い。

政府はコロナの検査体制拡充を約束している。感染者に接触した覚えのない人が受ける「念のため検査」も今後、増えてくるはず。手軽な検査が許される社会的環境も、ウィズコロナ時代の要件だと思った。

(2020/7/22 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

クリーンルームにおける静電気対策

クリーンルームにおける静電気対策

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策
原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策 原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる