産業春秋/シニアの労働観

(2020/9/10 05:00)

還暦を過ぎた旧友が集まると再雇用の話で盛り上がる。「給料は定年前の半分以下になっても仕事内容は変わらない」。そうこぼしていた友人が心筋梗塞で倒れた。営業先のため救命処置を早く受けられ、大事に至らずに済んだ。

1日でも長く働いていたい。働くだけの人生は寂しいから辞め時を決めている。年金だけでは暮らしていけない。定年後は人生いろいろだ。

来年4月から、高年齢者雇用安定法改正で「70歳まで働く機会の確保」が企業の努力義務になる。元気なシニアは長く働いて年金制度を支え、できれば繰り下げ受給を選択してほしい。そんな政策意図が透けて見える。

NRI社会情報システム(東京都江東区)の調査によると、正社員シニアの半数が、制度を利用して70歳まで働きたいと考えている。さらに兼業で別の仕事にも取り組みたいや、70歳以降も働くつもりの人も多い。

金融資産の保有額と働く意欲との相関はなく、シニアの働く理由は、必ずしも経済面だけではないようだ。他者とつながり社会参加を実感したいとの思いがにじむ。「人生100年時代」は新政権でも引き継がれるだろう。健康で働き続けることがシニアの社会貢献ということか。

(2020/9/10 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン