社説/JIMTOFオンライン デジタルツイン推進の好機に

(2020/11/16 05:00)

世界のモノづくりの潮流はICT活用へ急速にシフトしている。日本勢が世界をリードしてきた工作機械においても、デジタルツイン(デジタルとリアルの融合)の推進は、国内産業競争力の底上げにつながる。16日に開幕する「JIMTOF2020オンライン」では、高度な加工技術とICTを組み合わせた次世代のモノづくりやサービスの提案に期待したい。

日本の産業競争力は、長らくリアルの世界におけるモノづくりの強さに支えられてきた。特に製造現場にはさまざまな強さの要因がある。熟練者の技能や高度な加工技術を持つ工作機械、現場の不具合を取り除く改善の取り組みなどは日本企業の得意分野とされてきた。中でも表面処理を不要とする研削や複数工程を集約できる複合加工、最近では金属積層加工など機械の技術力向上の成果は多い。

一方で、ハード偏重という弊害を生んだことは否定できない。顧客の要望が多様化する中で、ハードの進化だけでは対応しきれなくなっている。

大手や中堅の工作機械メーカーは、デジタルツインによる機械設計、IoT(モノのインターネット)を活用した予知保全や効率的な工場稼働の提案、人工知能(AI)による加工条件の最適化、加工ナビゲーションのアプリケーション(応用ソフト)、オンライン経由の保守や据え付けなど、さまざまなICT活用を実用化し始めている。こうした動きを業界全体に広げ、中小製造業にも使いやすい環境を整えることが産業界の底上げに重要だ。

日本工作機械工業会(日工会)がまとめた10月の工作機械受注実績(速報値)は前年同月比で25カ月連続の減少ではあるものの、2カ月連続で800億円台を維持した。19年までの高水準には及ばないが、中国・米国市場の需要回復をうまく日本メーカーがとらえた結果といえる。

この流れを持続させるためにも、ICT活用による機械の進化は不可欠だ。JIMTOFオンラインは、機械メーカーやユーザーの意識変革の好機となるはずだ。

(2020/11/16 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

理系学生必見!! 
日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

理系学生必見!! 日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる