モノづくり日本会議 AI研究会 第2回勉強会「ニューノーマル時代で企業が成長するためのAI活用」

(2021/4/14 05:00)

モノづくり日本会議は2月24日、AI研究会第2回勉強会「ニューノーマル時代で企業が成長するためのAI活用」をオンライン開催した。デジタル変革(DX)が急速に進む中、人工知能(AI)技術は中核技術として期待されている。AIを本格導入する際の課題について考えた。

データ主導経営の意思決定支援

アクセンチュア ビジネスコンサルティング本部AIグループ 日本統括AIセンター長 マネジング・ディレクター 保科学世氏

コロナ禍で社会のDXは急速に進展し、AI技術がその中核として、社会の幅広い分野に浸透し、変革をもたらす。AIを使いこなすことが国や産業の強さ、社会の住みやすさにつながる。企業がAIというニューノーマルを本格的に導入するためのポイントや課題について話したい。

私はアクセンチュアでAIやデータ分析のビジネス活用を進める部署を統括し、多くの企業の業務変革を支援している。今日、世界人口の半数以上がインターネットにアクセスし、テクノロジーが日々の生活に重要な役割を果たしている。コロナ禍により生活のデジタル依存はさらに高まっている。

人間が五感を持つように世の中の事象を読み込み、そのデータを分析・理解し、意思決定し実行する。また、実行した結果を受け、学習して進化する。こうした機能を持つものをAIと定義したい。

企業活動の面でいうと、2020年の世界の企業の時価総額ランキングでは、1位の米アップル、3位の米マイクロソフトなど10社中8社が、AI技術がビジネスやサービスの主軸となっている企業だ。企業が成長するにはAI技術の活用が必須となっている。

成長に必須

グローバルの企業経営者1500人を対象とした意識調査でも、84%が成長目標達成にはAIを活用すべきだと考えているが、76%が本格的に拡大するのに苦労している、と回答した。日本でも同様の回答で、経営者は企業の生き残りにAIが必須だと考え、試し始めているが、活用方法が見えてこないのが現状だ。

導入の壁としては、まず顧客体験や業務全体を踏まえたサービスができていないこと、実業務に適したAI技術やプレーヤーを選定できていないこと、さらに周辺機能を含めたシステム全体像が描けていないこと、などがある。当社では、各業務領域の専門家やシステム構築の専門家とチームを組んで導入を進めている。AIと人、それぞれの得意領域を理解することも大切だ。

当社が実際に構築し、お客さまに導入してきたAIサービス「AIパワードサービス」を紹介する。多様なAI技術を配置し、全体を統括管理するプラットフォームを持ち、その上にさまざまな業務に対応するサービスを構築している。

経営や、顧客との接点、製造など多岐にわたり、例えば「AIパワードサプライチェーン・マネジメント」は、AIによる需要予測、予測に基づく計画最適化、作業の省人化・無人化など、サプライチェーン全体の最適化までカバーする。需要予測からの自動発注や在庫最適配置、価格最適化なども活用されている。プラットフォーム上のサービスは単独でも動くが、有機的につながり、一体となって業務を支える。

単純なタスクの自動化や予測に基づいた最適化は進んでいるが、AIは現場業務を支えるものから、経営を支えるものへと進化しつつある。各種経営指標を予測し、どうアクションを取るべきか推奨シナリオを提示する。客観的なAI予測により、属人化しがちな意思決定から、データ主導経営へと進められるよう支援する。

医療に活用

社会に貢献するAIの一つとしては医療における活用がある。国立国際医療研究センターとの共同研究での生活習慣病予測をはじめ、東京女子医大との共同研究での腎移植予後予測や投薬シミュレーションなどによって、より効果的な治療法を探っている。

医療現場のAI活用は慎重に行わなければならず、説明性も大事だ。AIが抱えるリスクも考えなければならない。権力の集中や、人間が作ったデータを学習したことによるAIの偏見、中身が理解できないまま依存してしまう透明性の欠如などがある。

何も考えずAIに従うことはリスクで、正しく使うスキルを身につけなければならない。当社は「責任あるAI」の本格活用を支援する体制作りを進めている。人材育成もセットで行い、育成後の人材のフォローアップ、最適なデータ収集アプローチなどが必要となる。何より、経営直轄で意思決定することが成功の近道だ。

責任ある活用へ人と融合

AIの活用には、人とのコラボレーション、融合が極めて重要だ。その上での重要な原則「MELDS」を紹介する。従来と異なるアプローチを考える「マインドセット」、失敗を前提として織り込んだ「実験(エクスペリメント)」、責任ある使用にコミットする「リーダーシップ」、鮮度を意識した上での「データ」、人間とマシンが融合するための「スキル」の頭文字を取ったものだ。

AIと人間は対立する存在ではない。人間に素晴らしい力を与えてくれるツールであり、共に新しい時代を築いていく。

(2021/4/14 05:00)

モノづくり日本会議のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン