機械技術10月号/高精度・高効率を実現する小径・深穴あけ加工技術

(2021/9/24 05:00)

  • 「機械技術」2021年10月号表紙

日刊工業新聞社が25日発売する「機械技術」10月号は「高精度・高効率を実現する小径・深穴あけ加工技術」を特集する。難易度が高い微細穴や深穴に焦点を当て、高速加工による生産効率化や高精度化の最新動向を紹介する。

総論、解説では代表的なドリル加工の技術解説をはじめ放電加工、レーザー加工による効果的な活用法を紹介するとともに機能解説として最新の工具、専用機などを取り上げる。また、穴あけを得意とするプラスエンジニアリング(東京都豊島区)、中田製作所(大阪府八尾市)の先行事例もリポートし、実務に役立つ穴あけ加工のノウハウと課題解決へのヒントを提供する。

機械加工における穴あけは作業全体の50%以上を占めるといわれ、工程の改善は加工製品の高精度化、生産性向上の最大のポイントとなっている。さらに電子機器・通信機器の高機能化、第5世代通信(5G)関連製品・部品の実用化を背景に被加工材もセラミックスやガラス、チタン、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)など難度が高まっている。

(2021/9/24 05:00)

機械・ロボット・航空機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

原材料から金属製品ができるまで 
図解よくわかる金属加工

原材料から金属製品ができるまで 図解よくわかる金属加工

きちんと知りたい! 
モータの原理としくみの基礎知識

きちんと知りたい! モータの原理としくみの基礎知識

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動
短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動 短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計>
上司と部下のFAQ:設計実務編

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計> 上司と部下のFAQ:設計実務編

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる