社説/トヨタの全方位戦略 世界の脱炭素化に役割果たせ

(2021/12/23 05:00)

自動車産業の脱炭素への正解はまだ明確ではない。トヨタ自動車は全方位戦略に磨きをかけ、世界の脱炭素化を先導していくべきだ。

トヨタ自動車が電気自動車(EV)戦略を発表した。2030年に世界でEVを350万台販売、高級車ブランド「レクサス」は35年に新車をすべてEVにするなど、EVに関する従来の目標を大幅に引き上げた。同社はEV関連の開発・設備投資に4兆円を投じる。

一方でプラグインハイブリッド車、燃料電池車、水素エンジンなど、非EVによる脱炭素開発にも4兆円を計画する。この投資額の配分が同社の考えを明示している。EVで世界と戦えるだけの強化をするが、脱炭素への道はEVだけではないと。

世界の自動車利用の環境は多様だ。電力供給が脆弱な国もあれば、ブラジルのようにバイオ燃料が普及する国もある。日本はエネルギーの多くを化石燃料に頼り、現状ではEV化はライフサイクル全体のゼロカーボンに直結しない。

自動車の脱炭素化は、使われる国のエネルギー政策と密接に関連する。だからこそ、さまざまな技術の選択肢を提供するという同社の考えは、世界トップ企業として妥当である。

その上で取り組むべきは、自動車製造に関わる多数のサプライヤーが共に脱炭素時代を生き、新しい挑戦に乗り出すよう促す道筋を示すことである。同社は選択と集中ではなく、全方位戦略を採れる前提として、開発の効率化が実現できていることを挙げた。その土台にはサプライヤーの貢献がある。 

自動車産業の未来には、脱炭素への適応だけでなく、自動運転やシェアリングなど、ビジネスモデルの大転換が予想される。既存の自動車メーカーだけでなく、「GAFA」など巨大な競合相手も待ち受ける。

全方位型の開発に投じる資金力がトヨタの強みではあるが、今後対抗する相手は、同社を上回る資金力を持つ企業たちである。覚悟を持って、自動車市場のリーダーの地位を堅持してもらいたい。

(2021/12/23 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン