千葉工大の学生が製造の小型衛星、来春打ち上げ

(2023/11/14 17:00)

  •     学生が製造した小型衛星(千葉工大提供)

【千葉】千葉工業大学は14日、学生が製造した小型衛星を初めて2024年春に打ち上げると発表した。宇宙での動作実績がある10センチメートル角、重量約1キログラムの超小型衛星「キューブサット」の基本設計を外部から導入。学生が設計図に基づいて製造、組み立て、地上実証を行い、必要な審査を全て通過した。30年までに9機の衛星の打ち上げを目指す。

11月に衛星を宇宙航空研究開発機構(JAXA)に引き渡す。24年春にも米スペースXの「ファルコン9」ロケットで国際宇宙ステーション(ISS)に運び、一定期間保管後に軌道投入する。

千葉工大は提供された基本設計に加え、宇宙で撮影した画像1枚を地球上で復元する目標も設定。ステレオカメラによる測距、夜間光などを対象とした地球観測などにも挑む。

千葉工大は宇宙産業の担い手を育てる「高度技術者育成プログラム」を21年に開始。衛星打ち上げに必要な各種申請や試験を学生が経験し、即戦力人材の育成を目指している。

(2023/11/14 17:00)

総合1のニュース一覧

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

ログイン